2015-06-13 (Sat)
もうあと半月もすれば
今年も1年の半分が終わるんですねぇ。
早いもんです。

相変わらずのご無沙汰ですが
皆様お変わりございませんか?

我が家は少々変化がありまして。。。

6/11の夜
お店のお留守番組を猫小屋に戻そうとすると
むっちゃんが小屋の隅っこで座ってて、
私が入っていっても逃げませんでした。

ここぞとばかりに櫛で梳いてると
そのままコテンと、横に転び、
私はのん気に
「いや~ 心許して、気持ち良くて横になったの~」
なんて思ってたんですが、
どうも様子がおかしくて
夫に見てもらうと、やっぱり変。
このまま動けないようなら一刻を争う
病気かもしれない!ということで、
大急ぎで大阪の救急病院に駆け込みました。
(とか、言われながらも私はのん気に
動けないのをいいことに、
暴れたら危ないからと爪切ったりしてた^^;)

血液検査の結果は
この巨体なのに、意外にも「健康」
レントゲンでも、先生の診察もで
「これだ!」という診断が出来ず
緊急性もみられずでした。

でも、明らかに「おかしい」というのは
先生も言ってました。

前足の力が入らない。
特に右前足。
でも、なんでおかしいのかは解らずで
経過観察で帰宅。

翌日、救急病院からの診断書、検査結果を持って
病院へ。

そこでも、やっぱり緊急性はみられず、
経過観察という事になりました。

MRI(脊髄の損傷を探したり)や
CT(脳の異常を見つけたり)の検査も話に出たのですが
両先生共、現状ではあまり必要を感じないとのこと。
感じとしては、むっちゃんの症状を見る限り、
診断確定する為より、
脳じゃない、脊髄じゃないという
消去法を出来るだけっぽい。

20150613m1.jpg

こんな風に横にすると、
しばらく、自力で起き上がれない。
そして、何かスイッチが入ったら
なんとか起き上がれる。

歩き出すのも、最初は
前足が広がって力が入らず、
でも、1歩歩き出すと
見た目は普通に歩ける。

向きを変える時に
前足が上手く使えない。

病院で腕を動かされたりしたけど
痛がる事もない。

そんな状態です。

とりあえず、症状がどう変化するかの観察を
続けていくことになりました。

そして、今日は朝から私に
横にされて、「自分でおきてごらん!」とか
腕を持って曲がるかどうか確認されたりとか、
いろいろ触られてたので、
ストレス溜まってたようで、
次に覗きに行ったら、大量にオシッコされました。
動けずにその場でしたのかと思ったけど、
(多少は動きづらかったからもあるでしょうが)
オシッコ終わったら、速足でダンボールベッドに
おこもりに入ったので、抗議のオシッコの意味合いが
強かったんだと思います。

オシッコ出てるかどうか確認できてなかったから
確認できてよかったと。。。思います。ハイ。

むっちゃん~
自力で歩けなくなっても
おばちゃんは6.6kgのむっちゃんの介護は無理ですので、
絶対復活してくださいませ(-人-)
と、祈る毎日です。






応援クリックありがとう☆
ranking_i_1.gif




振り返れば、スネ子さんになっていた時から
どうも前足がおかしかったのかもしれない。

スネ子さんの写真、
前足伸びてるもんね。
その数日前に撮ってる写真も
前足を伸ばしてるし。

この頃って暑かったので、
暑くてのびてるだけだと思ってたけど、
そうじゃなかったんだなぁ。。。。

と、今さら反省。

| 夕吉・むっちゃん | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する