2015-01-18 (Sun)
【東京 里親様・預かり様・ボランティア様募集中】
足立区55頭多頭崩壊レスキュー 里親様・預かり様募集中!!
詳しくは↑バナー↑クリックでご確認ください。

***************************************

猫の病院での出来事。

おじいさんとおばあさんがきれいな三毛ちゃんを連れてきていました。

お外の子に餌をあげていたけど、風邪をひいたみたいで
寒い時期なのでお家に入れた。
でも、咳が出始めたので初めて病院に来た。

と、話をしてくれました。

お二人で連れてくるの大変だったんじゃないかな?ってくらいの
すっごい、おじいさんとおばあさん。

優しいお二人に「嬉しいな~」って思ってました。

で、問診票を書き終わり、看護婦さんとのお話

看護婦さん:
お外の猫ちゃんですか?

おばあさん:
いえ、今は家にいます。

看護婦さん:
ずっとお家の中だけですか?

おばあさん:
トイレは外でしてますので、外にも出ます。

看護婦さん:
お家の中のトイレはどんな風なトイレですか?

おばあさん:
置いてないです。

看護婦さん:
!!!?? 置いてないのですか?

おばあさん:
外に出たがるので・・・

看護婦さん:
トイレないから、外に出たがりますよね。
トイレ置いてあげてくださいね。

おばあさん:
でも、外に出たいと鳴くから・・・

看護婦さん:
お外に出して飼うという飼い方は、もう古い飼い方と
認識してください。
今は事故や猫同士のけんかやご近所の迷惑なんかを考えて
お家の中だけで飼う飼い方をするようになってます。
鳴くから出すのは人間が「出たがってる」と思って出口を開けるからで
鳴いても開かないと猫はちゃんと覚えますから開けないでください。
お家の中にトイレ、ご飯、お水をきちんと用意してあげてください。
お家の中の広さだけでも、猫は大丈夫です。
お外の方が危険ですから、絶対にお家の中だけで飼ってあげてください。


おぉ、看護婦さんすごいぞ。
こういう事って患者さん(お客さん)に言いづらいですよね。
飼い方なんて私の勝手でしょ!って思う人もいるだろうし、
病院とはいえ、商売なんだからお客さんの機嫌を損ねることは
出来るだけしたくないと思うものです。
でも、さすがです。
先生も「猫の事いちばん」な先生だし、看護婦さんもそう思ってる病院だわ。

おじいさんとおばあさんは猫を飼うのが初めてらしく、
診察に呼ばれるまで短い時間でしたが、
トイレの事とかお留守番の事とか外の危険の事とか
聞かれる事には出来るだけお返事させてもらいました。
(トイレは買って準備はしてるけど設置してなかったそうです)

三毛ちゃんは耳カットがあり、
お二人はそれについては「避妊済み」という知識はあったので
猫に詳しい人とのつながりはあったのかな。

おじいさん、おばあさんと三毛ちゃんの
新しい生活が、のんびりと楽しくありますように♪
と思うお二人でした。

こちらは病院の猫さん。
ご機嫌な接待猫ぶりを発揮してくれました。

DCIM0364.jpg

DCIM0362_20150118135156399.jpg







応援クリックありがとう☆
ranking_i_1.gif

| ねこ | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する