2014-04-28 (Mon)
pocoりん通信なのですが、
いつもとちょっと違います。

実は、pocoりん、手術・入院中なんです。

突然、ご飯を食べず、吐くようになって
ぐったりして・・・
という状況になり、
里親様が急遽病院に連れて行ってくれて
一旦様子見でお家に戻ったものの
調子の悪い状態は変わらず、
翌日、再度病院につれて行ってくれて
そのまま入院、手術となりました。

原因は、
お腹にヒモとフェルトのボールのような物が
詰まってしまっていたようです。
こんな風に↓
20140428p1.jpg

1cmくらいの小さいボールにヒモが繋がっていて
それが胃の出口にひっかかり
ストローを袋から出す時に
クシュクシュって袋が縮まるような感じに
腸が縮まってしまっていたようです。

お腹を開けて、
胃と腸を3箇所穴を開けて取り出したそうです。

長いヒモと繋がったボールと、それ以外にも
同じようなボールが2個出てきました。

pocoを保護してしばらくして
飴の包み紙を何枚も吐いたことがあって
ウチで過ごしている時も
じゃらしをかじったり、フワフワボールを
クチャクチャしてたりしたので
里親様は目の届かない時間帯などは
おもちゃを片付けてくれて注意してくれていました。

じゃらしは壊れてしまうと捨ててしまうし、
ヒモにしても、千切れたら捨てるけど
与え始めと捨てる時で長さを計ってないし・・・

本体がその大きさのじゃらしは見当がつかなくて

病院でも
「この大きさは猫にとって(誤食の)危険な大きさ(小ささ)なので
オモチャではないのでは?」
と言われたそうです。

が、じゃらしの一部?かも???

あれがアカンかったんじゃないか、
これがアカンかったんじゃないか、
と思うばかりです。

今は、無事手術も終わり経過観察の入院中です。
2~3日で退院予定だそうです。

今まで、誤食する子が殆ど居なくて
頭で解っていても、「気をつける」が甘すぎました。
反省です。

里親様に心配、苦労、負担をかけてしまい
申し訳ないです。
そして、あの無邪気なpocoりんに
しんどい思いをさせてしまって
poco、本当にごめんな。

早く元気になってくれるよう
願うばかりです。


続きを読むには
pocoのお腹から出てきたものの写真を載せてます。





応援クリックありがとう☆
ranking_i_1.gif








今更、アレがコレが、と思っても仕方がないのですが、
でも、今後、あらためて注意することが見えるかもしれないので
考えてしまいます。

さて、pocoのお腹から出てきたものです。
クリックすると、少し大きくなります。

20140428p2.jpg

ヒモ長いよね。。。

「何ヶ月も何年も、お腹に持ってる子も、稀に居る」
と言われ、
「長く貯めてたっぽい」と
病院の先生が言っていたそうです。

ウチの子達、今まで何もないけど、
持ってるかもしれんし、
たまたま便と一緒に出てるだけなんかもなぁ。。。

ホンマ気をつけんとあかんわ。
と思いました。

| peco | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する