2011-02-25 (Fri)
2/24

多分「うっしー」のお母さん猫と思われる三毛猫さんを
TNRしようと思ってました。

私がRした子にご飯をあげてると時々見かけていたのですが
毎日じゃないので、上手く出来るかなぁ~と思っていたのですが、
病院を25日に予約して、出来ればいいな~
アカンかっても、とりあえず最近頻繁に顔を見る♂が捕まえられたら
いいなーと思っていたら
24日の夕方三毛猫さんが現れました。

これはチャンス!!

と、三毛猫さんの目の前で捕獲器をガチャガチャとセットして
その場を離れ待つこと数分

ガシャン!!

と三毛猫さんかかってくれました。

この瞬間のキューってなったりドキドキする心臓は
何度経験してもなれない。。。

暴れる三毛猫さんに声をかけながら明日まで捕獲器を置いておく場所に
移動していると・・・


閉まった扉側から逃げられました........_| ̄|○
最悪 サイテー 自分。。

なんで?と思いつつ扉を確認しても問題ないみたいだし、
落ち込んでても時間が過ぎるだけなので
気休めかもしれんけど、ニオイが消えるかと
一旦アルコールで消毒してから再度セットする準備をしておきました。

その後、新入りの♂君が来たので
いつも彼が行く方向にセットして・・・・

ガシャン!!!

よかったー 1匹でもできる!!

と思ったのもつかの間、
捕獲器にたどり着くまでに同じように逃げられました。。。

さすがに2度も逃げられると、捕獲器自体に問題があるに違いないので
夫に捕獲器を確認してもらうと
扉部分の下の方がわずかに湾曲して外側に反ってました。

三毛猫さんがかかる前からそうだったのか、
無理に逃げたからそうなったのか解らないけど
その「わずかな反り返し」がストッパーの部分を
上手く上に押し上げて、扉を開きやすくしてしまったようです。

はぁー タメ息ばかりの日でした。

で、さすがに今日は2匹とも来ないだろう・・と思ってたんですけど
夕方、ウチしかご飯場がないのか?
♂君が顔をみせてくれました。

この子、人の顔を見てゆっくり目を閉じてくれる子だったのに
今日は私がちょっとでも動こうとしたらガン見です。
顔つきも険しくなってるし・・・。
仕方ないけど。

三毛猫さんは元々頻繁に顔を見ないので当分は無理かなぁ。。。

昨日の今日現れたからといって、
♂君も、しばらくは捕獲無理だよなー

何日くらい開けたら大丈夫かなぁ。。。
と思案中。

できればキャリーに入れてあげられたらいいんだけど
なぜか私の周りは「シャーシャー」と生粋の野良っ子ばかり。

もう、数年ご飯をあげてる♂でさえ、シッポあげて走ってくるのに
走ってきて第一声が「シャー!」ですからねぇ。
余程猫に対して不穏なオーラが出ているんだと思います。

昔から犬に噛まれたり追いかけられたり囲まれたり・・・
とするタイプだったので何かがダメなんでしょうね、きっと(--;)

とりあえず、教訓。

捕獲器を仕掛ける前に必ず動作確認。
わずかな歪みも失敗の素!!!

肝に銘じておかなければ。

※24日は夫婦そろって、上手く事が運ばない日でした。
こういう波ってどれくらいで上向きになるんだろうなー。






| ねこ | COM(-) | TB(-) |