2017-06-28 (Wed)
今日、一人でお店の猫の世話をしに車で家を出発し、
もうすぐでお店という片側2車線の道路への
右折車線の一番前で右折待ちをしておりました。

右へ曲がろうと思っている道路へ車を出してる状態ですね。

で、いざ曲がろうと思った直前に

「えっ!? あっ!!」

と思ったけど、時すでに遅し、
車が止まってしまいました。。。

えぇ、私の横からも後ろからも来る車の邪魔をして
エンジンがかからない状態。

「落ち着け~ 落ち着け~」
と自分に言い聞かせ、何度もエンジンをかけ直すのですが
セルモーターは回るけど、エンジンがかかるまでには至らない。

大ピンチ!!

けど、人生で2度目なんですよね、こういうの。

今は携帯電話っちゅう文明の利器があるので
すぐに夫に電話したけど、
「とりあえず、どこか邪魔にならない所に寄せて」と言われるだけ。

ま、当たり前なんだけど、当たり前のことしか解決策はないという
文明の利器の役立たず。

残念なことに、近くに止まってる車は女性ドライバーばかりで
車を押してもらうにはちょっと声をかけられず、
通る男性や男性ドライバーを見つけて声をかけても
「ちょっと足が・・・」とか言われて断られ、
クラクションの嵐の中、何度か信号をやり過ごして
声をかけていたら、やっと一人の男性が車を降りてきてくれた。

と同時に、近所の修理工場のおじさんも
牽引の紐をもって車で近づいてきてくれた。

最初の男性にはお礼を言って戻っていただき、
修理工場のおじさんに車をひっぱってもらおうとしたら、
おじさん、牽引の紐をかけるとこ見つけられず、
結局、おじさんと、同じ工場の別のおじさんと私の3人で
押して移動することになりました。

途中、見かねた男性が二人、車から降りてきて
一緒に押してくれて、なんとか無事に迷惑な場所から移動できました。

その後、レッカー車を呼んで店まで車を運んでもらったのですが、

はぁ・・・・・・

人生で2度目。
一度目は大阪市内のもっと大きな交差点の右折車線の一番前。
あの時もクラクションの嵐を浴びましたが
それ以来のクラクションの嵐です。

まだ、お昼すぎだったのに、今日の残りの時間は
「パトラッシュ 僕はもう疲れたよ・・・・・・」
そんな気分です。

20170628f1.jpg




クリックありがとう☆
   








| 猫じゃない話 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する